お名前.comで契約していたドメインをXSERVERに移管してDNSをXSERVERの設定に変えたら地獄を見た

レンタルサーバー

更新料金が安くなるのとメールのウィルスチェックに期待して、お名前.COMからXSERVERへドメイン移管を行う事にした

お名前.COMのドメイン更新時期が近づいてきた

ドメインの管理費を安くしたかったので、色々検討した結果

XSERVERの更新料金が1000円安かったので、

早速XSERVERでドメイン移管申請を行った

ドメインの移管作業は簡単だった

ドメインの移管申し込みをXSERVERの移管申し込み画面から行う

後は料金を支払って、承認メールを待つのみ

承認メ―ルが届いたら

メールに記載されたURLをクリックし、承認ボタンをポチッとする

後は移管完了のメールを待つのみ

移管完了

XSERVERのサーバーパネルでメールの設定を行う

XSERVERはメールアドレスの一括設定が可能なので、簡単にメール設定!

メールソフトにXSERVERで登録したアカウントを設定

Thunderbirdを使用していたので、XSERVERのアカウントを追加

ネームサーバーが浸透するまではお名前ドットコムとXSERVER両方のアカウントを設定しておくらしい

ネームサーバーの設定

ドメインパネルを開き、ネームサーバーの変更をクリック

以下の情報を入力


ネームサーバー1
ns1.xserver.jp( 219.94.200.246 )
ネームサーバー2
ns2.xserver.jp( 210.188.201.246 )
ネームサーバー3
ns3.xserver.jp( 219.94.200.247 )
ネームサーバー4
ns4.xserver.jp( 219.94.203.247 )
ネームサーバー5
ns5.xserver.jp( 210.188.201.247 )

ネームサーバーが浸透していくのを待つ

ここからが地獄だった!

地獄のはじまり

ネームサーバーが浸透してお名前ドットコムで送受信できなくなった時、

一部のお名前ドットコムのアカウントで過去のメールが消えていく現象が発生!

Thunderbirdのアカウント設定を確認してみると、popではなくimapとなっていた

imapとは


サーバにあるメールをパソコン等の端末にはダウンロードせず、サーバ上でメールを管理する仕組みです

要はGmailのようにクラウド上にメールデータが保存されクライアントにはデータをダウンロードしていなかったという事らしい

パニクってしまい、ネームサーバーをもとに戻せばよかったのですが、

とにかくバックアップが残っていないかThunderbirdの保存Pathを調べた。

たまたま詳細設定のバックアップを保存にチェックマークが付いていた為、バックアップが残っていた

Thunderbirdのメール復元

XSERVERのアカウントの保存Pathにバックアップのデータをコピー

Thunderbirdの再起動

データが復活!

文字にすると、やる事は以上だったのだが、原因調べたりバックアップの復元方法調べたりで1日費やしてしまった!

ドメインの移管で気を付けるべき事!

メールのアカウント設定がimapになっていない事を確認!

なっていた場合で過去のメールが絶対に必要な場合、POPでアカウントを作成してデータをクライアントに保存しよう!

その後、ネームサーバーの移行を行う!

順番を間違えるとメールを移管元のサーバーから取り出すことができなくなります!

Thunderbirdのアカウント作成時は初期値がimapとなっているので要注意です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました