SQLで伝票毎の消費税額算出を行う

請求先によっては請求書単位、伝票毎単位、伝票明細単位に計算を行わなければならない

今回、伝票明細単位で消費税計算を行い、消費税1桁を四捨五入で行ってみた。

データ

伝票番号     金額
2004020106	10875
2004020106	8250
2004020106	405
2004020106	1600
2004020106	600
2004020106	1080
2004020106	4300
2004020106	1392
2004020106	1100
2004020106	2500
2004020106	1500
2004020106	255
2004020106	3000
2004020106	330
2004020106	240

伝票明細単位で消費税算出する場合のSQL

明細毎の消費税の積み上げ

Select 伝票番号,金額,SUM(ROUND(金額*@税率,0)) AS 消費税
GROUP BY 伝票番号

結果

伝票番号     金額  消費税
2004020106	37427	 2992	

伝票単位で消費税算出する場合のSQL

伝票合計金額に税率をかける

Select 伝票番号,金額,ROUND(SUM(金額*@税率,0)) AS 消費税
GROUP BY 伝票番号

結果

伝票番号     金額  消費税
2004020106	37427	 2994	

コメント

タイトルとURLをコピーしました